専門医によるリウマチ治療最新情報

「軽い一過性のリウマチ」と「血液に出る本物のリウマチ」

東京リウマチクリニック院長 天本 藤緒

欧州リウマチ学会2012の発表より

 軽い一過性のリウマチ、と血液に出る本物のリウマチと大きくわけてふたつのカテゴリーにわけられることを、私たちは提唱してきました。軽い一過性のリウマチの場合、変形がすすむことはありません。

 「腫れがなくてもひたすら痛い」「痛いところが移動する」「なんとなく疲れが出やすい」などの症状のでかたをすることが多いのが特長です。こういった軽症タイプのリウマチは、閉経が早かった(45歳以下)に出やすいという最新の研究結果が、欧州リウマチ学会で発表されました。

 またこのタイプのリウマチは通常なかなかお医者さんにリウマチといってもらえません。そのため、全国から受診してくるため数千という患者さんが本院に集中しています。

 その経験からいえること

 1. まず、ステロイド(ケナコルト)が効くことを確認して、リウマチ性の痛みであることを最初にはっきりさせること。

 2. リウマチ性の痛みなら、かなりの確率で本物のリウマチ同様、MTXや生物学的製剤が効くこと。

 ただし、よくなったら迅速に薬剤を漸減していくこと。

 3. 患者さんが痛がっているのにわざわざ、本当に腫れてくるまで待つ必要はないこと。

次の質問は「オレンシア」とは

前の質問は、エンブレルとMTXの併用療法

専門医によるリウマチ治療最新情報 トップに戻る

上に戻る