専門医によるリウマチ治療最新情報

リウマチ治療の問題点

リウマチ治療がうまくいっていない場合の問題点としてはいくつかあげられます。

関節注射(特にステロイド関節注射)を適切に併用できていない

急性の炎症期には、ステロイドの注射以外に急速に鎮静されられる薬剤はありません。初期にはぜひとも必要な手技なのですが十分におこなわれていないようです。

せっかく注射しても、抗炎症効果の低いヒアルロン酸ではリウマチ性炎症にはほとんど意味がありません。

MTXや生物学的製剤の投与開始が遅い

MTX(リウマトレックス・メトトレキサート)の投与量が少ない

MTXは、その使用に習熟した医師のもとで投与すれば、一般の方や医師が思われているよりははるかに安全な薬です。投与開始時期も我々の目から見てまだまだ遅すぎる印象があります。

明らかにリウマチ性の関節炎を発症しているのに、まだ診断基準をみたさない(画像検査で関節滑膜の明らかな増殖がないなど)といった理由で治療を遅らせているパターンがまだまだ多いようです。

日本では、MTX(リウマトレックス・メトトレキサート)の投与量が少なすぎることが大きな問題でした。2011年に添付文書が改定され16mg/週までの投与が正式に認可されたので、昨今は徐々に改善しているようです。

血液検査の数字(特にCRP)に頼りすぎている

CRPが下がれば、それでよくなったという思い込みでじゅうぶんな治療ができていないこともよくみられるパターンです。

次の質問は、リウマチと乾癬と膠原病の関係

前の質問は、リウマチの治療薬と副作用 リウマチと薬剤と間質性肺炎の関係

専門医によるリウマチ治療最新情報 トップに戻る

上に戻る