専門医によるリウマチ治療最新情報

関節リウマチと乾癬と膠原病の関係

関節リウマチと乾癬と膠原病の違いとは

乾癬という皮膚の病気は、皮膚の病気ではありますが、代表的な膠原病(自己免疫疾患)のひとつでもあります。

そして、膠原病のなかでも関節リウマチに遺伝子学的に非常に近い類似疾患だと考えてください。

リウマチを含む膠原病はすべて全身の組織・臓器に免疫過剰による炎症が来る病気だと考えるのが基本的な考え方です。たまたま、主として皮膚に病変が来ているもののひとつに、乾癬という病名をつけているというとらえ方を私たちはしています。

乾癬の場合、皮膚病変よりもそれにともなう関節炎(乾癬性関節炎)のほうがひどく変形など問題になることもかなり多く、そちらをメインに治療する必要が高いことが多いのです。また、症状のでかたには人種差もかなりあります。

治療は普通のリウマチとほとんど同じになります。MTXとエンブレルなどの生物学的製剤および少量のステロイドがよく効き、しっかりした治療をすれば必ず良くなります。

次の質問は、リウマチの血液検査が陽性だった場合の対処法は

前の質問は、リウマチ治療の問題点

専門医によるリウマチ治療最新情報 トップに戻る

上に戻る